コンビニで名刺を印刷

フォント910

TOP ─> 名刺の印刷 ─> コンビニ名刺印刷

コンビニコピー機の写真プリント機能を使って名刺を印刷する方法をご案内します

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニの写真プリンターで名刺が印刷できる

明日名刺を数人に渡すことになった! 取り急ぎ調達したいけど、即日発送の印刷所でも到着が間に合わない! プリンターもない!
――そんな時、活用できるかもしれないのがコンビニの写真プリンター対応コピー機です。
名刺印刷に特化しているわけではないので、いくつか注意すべき点もありますので、それらも以下に記します。

スポンサーリンク

長所と注意点、材料

コンビニを使って名刺を印刷する利点

写真プリンターの紙を使うので、光沢感ある厚みのある名刺に仕上げることが出来ます。

注意点

・裏面に「○○FILM」といった薄灰色の文字が入ります。そのためビジネス用途ではなく個人向けです。 ・1枚あたりの価格が割高なのであくまで少部数向けです。
・裁断は自分で行う必要があります。
写真プリンターのコピー機が設置されているコンビニに行く必要があります。
※写真プリンターで名刺を印刷することは想定されていませんので、あくまで自己責任にてご活用をお願いします。また、お店の人の迷惑にならないようご利用ください。

必要なもの

・裁断機、または定規+カッター
・印刷費用
・USBメモリーなどの持ち運び可能で写真プリンターに対応している記憶メディア

この方法じゃ難しそう、という場合の代替案

店舗型印刷サービスを利用する、または当日届けてくれる印刷通販

名刺が急に必要→すぐに対応できる方法

プリンターさえあれば何とかなるかもしれない方法

プリンターを使った名刺の作り方

プリンターで名刺が印刷できない時の解決策

手順解説

【手順1】付近のコンビニが写真プリンター対応か調べる

まず、利用を考えているコンビニが写真プリンターに対応しているかどうか確認しましょう。
・セブンイレブンの「マルチコピー機」対応店舗を検索(対応の記憶メディアを確認
・ローソンの「写真プリント」対応店舗を検索(対応の記憶メディア確認
・ファミリーマートの「マルチコピー機」対応店舗の検索(対応の記憶メディア確認

【手順2】データの作成(必ずjpg形式で保存)

用紙サイズはきちんと実寸大で名刺のサイズになるように設定してください。
データは必ずjpg形式で保存/出力します。jpgにする際は文字がぼやけないよう、最低でも300ppi以上にすることをおすすめします。
Lサイズ(89×127ミリ)なら通常の大きさの名刺2つ分、2Lサイズ(127×178ミリ)なら3つ分、スペースを取ることができます。
トンボを付けておくと、裁断時に便利です。

【手順3】USBメモリーなどの持ち運び可能な記憶メディアにデータを収録

コンビニ各社のサービスを確認し、対応の記憶メディアに名刺データをコピーします。厚手の光沢感ある印刷された紙が出てきます。

【手順4】コンビニで写真プリントする

タッチパネルなどの案内に従い、写真プリント系のメニューを選び、印刷します。記憶メディアの持ち帰りをくれぐれも忘れずに。

【手順5】名刺サイズに切り取る

裁断機や定規・カッターで名刺サイズに切り取り、完成です。

スポンサーリンク