フォントのダウンロード配布・販売サイト「フォント910」

TOP ─> 各フォント・印刷コンテンツ

印刷サービス比較まとめ

フォントQ&A > フォント関連用語

「写植」とは

【写植】(読み:しゃしょく)
写真植字の略。旧来の活版印刷から現在のDTP技術の進歩の途中で橋渡しを行った印刷技術。活版印刷が活字を一文字ずつ配置していたのに対し、写植は文字板から印画紙へ焼き付けを行うことで組版を作成することができるようになったため、大きな技術革新となった。写植の、製版→刷版という工程は、現代のDTPの原型ともなっている。写植機メーカーには、ゴナ・ナールなどの書体で一世を風靡した「写研」や、現在フォントメーカーの最大手でもある「モリサワ」がある。