フォントのダウンロード配布・販売サイト「フォント910」

TOP ─> 各フォント・印刷コンテンツ

印刷サービス比較まとめ

フォントQ&A > フォント関連用語

「OpenTypeフォント」とは

【OpenTypeフォント】(読み:オープンタイプフォント)
OpenTypeフォントはマイクロソフト社とアドビシステムズ社が共同開発したフォント形式で、TrueTypeとAdobe PostScript Type 1の上位フォーマット。大きな特徴として、MacとWindows双方において利用が可能なフォント形式であることがあげられ、このフォント形式の誕生により両社OSのプラットフォーム的役割を果たすことが可能になった。マイクロソフト社のTrueType Openフォーマットを拡張したもので、フォントファイル内にTrueTypeフォントまたはPostScriptフォントを内包することができる。また、1つのフォントファイルに膨大な代替グリフを収容することも可能である。グリフの位置決めと置き換えを行うことができる高度なタイポグラフィ機能や、Unicodeエンコーディング形式に基づいた拡張文字セットが含まれるなど、機能性が比較的高いフォントファイルである。日本語のOpenTypeフォントでは、StdとProがあるが、これは収録文字数が後者のほうが多い。なお、フォント910のフォントも、このOpenTypeフォント形式を採用している。拡張子は「otf」。